相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

自己破産=免責

2011.11.29

こんにちは,司法書士の中川です。
 今日は自己破産についてご説明させていただきます。免責とは読んで字のごとく,責を免れるという意味であり,借金の支払義務がなくなると考えていただいていいでしょう。
 借金でクビが回らなくなって自己破産の申立をし,破産申立が法定の要件を満たし,かつ裁判官に相当と認められると,免責決定というものを出してくれます。その免責の確定により,銀行からの借入,個人からの借入を問わず支払義務がなくなります。
 ただし,借金の中には免責が確定しても支払義務のなくならない非免責債権というものがあります。以下参照

1.租税などの請求権
2.破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
3.破産者が故意または重大な過失により加えた,人の生命または身体を害する不法行為にに基づく損害賠償請求権
4.破産者が養育者または扶養義務者として負担すべき費用についての請求権
5.雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権
6.破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権
7.罰金等の請求権

 上記の債務まで免責させてしまうと,犯罪や脱税の便法として破産法が利用される恐れや,公平性を欠くことになり当然の定めておくべき規定と考えられます。

 現在の破産制度は利用しやすいと言えば語弊があるかもしれませんが,私は再チャレンジできる制度として非常に良く出来た制度であると思います。皆さんも万が一,破産制度が気になるようなことになりましたら,当事務所までご相談ください。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ