相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

成年後見制度

2011.11.11

 こんにちは、司法書士の山田です。本日は成年後見制度のお話ですが、もし身よりも無く又は身寄りがいたとしてもその親族が申し立てに反対してる場合に、事理弁識能力(物事を判断する能力)を欠く方が成年後見制度を使うためにはどうしたらよいでしょうか? 民法上では本人が申し立てをできることになってはいますが、その様な状態の方が成年後見の意味を理解して申し立てをすることはできるのでしょうか、ただし、判断能力が一時的に回復していれば申し立ては可能でしょうが、一時的に回復する状態というのは限られてくるでしょう。
 その様な場合、老人福祉法32条または精神保健及び精神障害者福祉に関する法律51条の11の2に基づき、市長村長から後見開始の審判の申し立てをしてもらうことができます。市町村長による申し立てには「その福祉を図るため特に必要があると認めるとき」という要件があります。その様な場合市町村の福祉課や福祉事務所あるいは民生委員等に連絡して、この制度を使える場合は使います。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ