相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

特別な遺言方式

2011.11.10

 こんにちは、司法書士の山田です。 本日は少し特別な方式の遺言についてお話しようかと思います。 中々こんなケースは無いかも知れませんが、「もう自分は死ぬだろう、後々遺族がトラブルにならないよう遺言をのこしたい、しかし今は入院中で体も自由に動かない」という様な状態のときどうすれば遺言を残せるでしょう?  その様な場合は民法976条に定められている危急時遺言という方法があります、証人3人以上の立会いをもって、その一人に遺言の趣旨を口授して、この口授を受けたものが、これを筆記して遺言者及び他の承認に読み聞かせ、又は閲覧させ、各証人がその筆記の正確なことを承認した後、これに署名し押印する。そして遺言の日から二十日以内に、証人の一人又は利害関係人から家庭裁判所に請求してその確認を得なければなりません。 このような方法もあるということを知っておけば、あまり関係ないことかもしれませんが、ひょっとしたら役立つかも知れませんね!

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ