相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

【相続】「独りよがり」にご用心

2011.10.26

電話や、仕事で人と話していて気になるのは、相手の口調や、言葉遣いです。なかでも気になるのが丁寧語なんじゃないかと思います。

最近、特に気になるのが、「なるほどですねー」という相槌の言葉。
ヤフーのニュースで取り上げられていたので、「やっぱりみんな気になってるんだなー」と思ったのですが、どうですか?ヤフーのニュースの中では、「独りよがりな丁寧語」として勝手にカテゴライズされていましたが 笑、最近よく聞くので僕も気になっていました。
ちなみに僕は「なるほどですねー」は使いません。
嫌悪感は感じないのですが、なんていうか、自分が「なるほどですねー」と相槌を打たれると、「ほんとに共感してくれているのかな?」と思ってしまいます。「なるほど」は相手の話を聞いて、共感したときに「ついつい出る言葉」だと思っているので、「ついつい」出る言葉に「丁寧さ」は必要ないんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう?だから、クライアントと打ち合わせしている時には、僕は本当に共感した時以外は、共感の言葉をなるべく発しないようにしています 笑。

話は変わりますが、独りよがりで思い出したのですが、これから遺産を遺そうとされていて遺言書の作成を検討されているような方々のケースをお伺いしていると、ご本人は「良かれ」とお考えであっても、独善的になってしまっている方が時々いらっしゃいます。
「遺産を遺す」ということを真剣にご検討されるお気持ちはとてもすばらしいことだと思うのですが、それが、一部の相続人に偏って有利であったりした場合に、遺留分だ、遺言書は無視だ、家庭裁判所の調停だ、など「遺産紛争」の火種になってしまっては、元も子もありません。「遺産を遺す」という行為については、正直、多かれ少なかれ、「妥協」や「譲歩」「配慮」が必要になると思われます。後に残された相続人の方々が、皆さん納得できるような遺言を作成することは、とても難しいです。
それでも、「妥協」や「譲歩」「配慮」が可能であれば、最大限にそれらをすべきだと思います。

「遺言を作ってみたけど、これで家族みんなが納得してくれるかなぁ」とご心配な方や、「専門家の視点で、遺言内容について第三者的な意見が欲しいなぁ」と思われている方は、いちど当相談所にお気軽にお問い合わせください。【西田】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ