相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続人ではない方の権利「特別縁故者」 前編

2011.10.15

法律上、「直接の相続人に該当しないが、相続人と同等の権利を有し、遺産に対してある一定の権利を有する者」として認められる地位を「特別縁故者」といいます。
相続人がいて、遺産の分割が可能な場合は別として、たとえば、亡くなった方(以下、被相続人という)に配偶者も子供も孫も、親・兄弟・甥・姪もいない、といったような場合、被相続人と生計を共にし、深い関係があったと認められる方については、国から「遺産の遺贈を受けるに値する地位が十分認められる」と判断され、遺産を受け取れる可能性があります。
ただし、この手続きには相当の期間を要し、実際に遺産を受け取ることができるまでには、約1年間はかかります。
また、家庭裁判所に対して申立てる際にも、かなり具体的に突っ込んだ質問を受けることがありますし、複雑な手続きを経ないといけません。【西田】

後編に続く

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ