相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続人ではない方の権利「特別縁故者」 後編

2011.10.15

なぜなら、「被相続人にたいして債権を有する者」や「被相続人から遺言等で遺産の遺贈を受けることになっている者」がいるかもしれないので、裁判所はそれらの方々が存在しないことを慎重に確認してからでないと、特別縁故者に遺産を渡すことができないからです。
また、特別縁故者に遺産が渡る際に課税される税金は「相続税」となります。これは、被相続人から特別縁故者が遺贈を受けたとみなされるためです。もちろん、相続税の基礎控除は適用されますので、遺産総額が控除の範囲内であれば非課税となります。

たしかに面倒な手続きではありますが、この手続きをしない場合、最終的には遺産は国に帰属してしまいます。このブログを読んでいただいている方々の中で、身に覚えがある方については、相続人ではないからといって最初から「権利」をあきらめるのではなく、あなたがこれまで被相続人と共に過ごしてきたかけがえの無い多くの時間に基づいて、きっちりと主張されるべきだと思われます。

大阪相続相談所では、このような事案についてのご相談も無料で承っておりますので、お気軽に無料相談のご予約をお問い合わせください。【西田】

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ