相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続放棄された方の形見分けは注意です。

2011.10.12

こんにちは、司法書士の軍司です。

本日は、東京地方裁判所平成12年3月21日判例をご紹介します。

「相続放棄された方」が、故人の遺品を持ち帰ってしまったという事例です。

判決では「一定の財産価値があるものは、形見分けとはいえず、相続放棄を認めることができない」と示しました。

つまり、相続放棄をして、借金を返済しなくてよくなったのに高額な遺産を形見分けとして持ち帰ってしまいますと、「遺産を隠した悪い行為」とみられてしまうということです。

上記の事例では、カシミアコート等の財産的な価値が明確な遺産を持ち帰っている事例ですが
相続放棄手続を家庭裁判所でされる方・された方は、注意していただきたいポイントです。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ