相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

認知症と成年後見制度

2011.09.29

こんばんは,司法書士の中川です。
今日は私が認知症に関する研修を受けた後に,まとめた文章をそのまま投稿させていただきます。
時間が無く…。すいません。

 認知症は「認知」と名のつく病気であるが,単純に認知機能のみに障害が起こる訳ではなく,様々な症状を含む。また,高齢になるにつれ認知症になる危険性は高まるが,年をとっただけで認知症になるわけではない。
 近年,医療の進歩により,認知症が徐々に解明され回復可能な事例も増えてきている。 認知症の発症率は調査によって様々であるが,2015年には260万人,2020年には292万人にも増加するといわれている。高齢になればなるほど発病の危険性は増えるので,医療が進み高齢化が進めば進むほど認知症は増えるであろう。
 素人だと高齢者=認知症と安易に判断しがちであるが,その内に高齢者の精神障害は認知症以外の可能性も含まれているため,成年後見制度の利用の際には内科の医師等ではなく専門医の判断を仰ぐべきである。
 また認知症には様々な周辺症状が含まれ例えば睡眠障害,幻覚,妄想,物盗られ妄想,鬱状態,暴言,暴力,徘徊,異食,譫妄など症状をあげればキリがないが,柔軟な対応および治療で周辺症状は改善出来ることもあり,関係者の負担も軽減できることもあるため,あきらめずに治療にあたるべきである。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ