相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

生前契約と遺言 

2011.09.16

こんにちわ,司法書士の中川です。台風が接近しており,今週末に大雨が予想されてる地域もありますので皆様お気をつけください。

今回は生前契約についてお話させていただきます。生前契約とは、英語で「プレニード・フューネラル・アレジメント」といい、直訳すれば「万が一の時の葬儀の生前調整」となります。生前契約は1900年代にアメリカの葬祭業界で発案され、瞬く間に全米に広がりました。やはりアメリカは契約社会なんだとつい感心してしまいますが、昨今、日本でも個人の権利意識の高まりによって、死後の事柄についても意思や想いを反映させたいと考える方が増えており、生前契約を取り扱う葬儀会社も出てきております。例えば理想の葬儀形式の指定など自身の葬儀に関連する事柄を葬儀会社と生前契約を交わすことによって、ご遺族の方が慌てることや迷うことなく葬祭手続きを進めることができるようになります。また、遺言と組み合わせることによって、より安全に自身の意思や想いを反映させることもできます。しかし、生前契約はあくまで消費者と事業者との契約であるため、情報や交渉力の格差から様々な問題が起きることも予想されております。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ