相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言書で残せるもの

2011.09.14

 皆様こんにちは、司法書士の山田です。昨日弁護士が暴力団関係の会社から依頼の紹介を受けて、紹介料を支払っていたというニュースを見て驚きました。事務所が赤字経営なので話に乗ってしまったという様なコメントをされていましたが、全く言い訳になっていないと感じました。
 さて、本日は遺言についてですが遺言は非常に厳格な要式行為です。厳格な要式行為とは何?という事ですが、分かりやすく言えば決められた形式にキッチリと行わなければその効力が否定されてしまうという事です。
 例えば、日付が特定できなければ自筆証書遺言は無効であったり、ワープロ打ちの自筆証書遺言も無効だったりします。
 しかし、形式さえ整えておけば遺言書の中にメッセージ性のあることを残すことも可能です。そして遺言書の中に盛り込まなくても別にビデオレター等にして、遺族の方に伝えたい感謝の気持ちや、遺言の意味を自分の声で伝えることも可能です。
 法的に意味の無いことでもそうやって残したものが遺族の方にとって一番の財産になるかも知れません。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ