相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

相続発生後の抵当権抹消登記

2011.09.13

皆様、こんにちわ。司法書士の中川です。
先日は中秋の名月ということもあり、暦の上ではもう秋ですが、暑い日が続いていますね。

さて、今回は相続発生後に担保権を抹消するケースについて事例ごとに検討したいと思います。(被相続人 亡A、配偶者B、子C)
【ケース①】
1・Aがローンを完済 
2・担保権の抹消書類が金融機関から届く。(ただし、すぐに申請しなかった。)
3・Aが死亡
→上記ケースでは相続登記を経ずに相続人(B,C)の内いずれか1名又は相続人全員で抹消登記申請をすることができます。
【ケース②】
1・Aが死亡
2・BCらでローンを完済
3・担保権の抹消書類が金融機関から届く。
→上記のケースでは相続登記を経た上で、所有者となるものから抹消登記申請をする必要があります。

上記ケース事例はあくまで概要の記載とさせていただいてますので、詳しくはご相談お願い致します。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ