相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

公正証書遺言の証人になれる人

2011.08.30

公正証書を用いた遺言書の作成には,公証人の他に,2人以上の証人に立ち会ってもらわなければ作成できません。

また,死の間際などに作成される特別方式の遺言書についても,種類に応じて証人が必要になってきます。

そうした証人には,誰でもなれる訳ではなく,以下に該当する人は証人になることができません。

①未成年者
 15才以上の未成年者は遺言を作成することは可能ですが,他人の遺言作成の証人となることはできません。

②推定相続人,受遺者,これらの配偶者・直系血族
 これらの人たちが証人となることは,証人としての中立性が疑われるため,一律証人となることができません。

③公証人の配偶者・4親等内の親族,書記,雇い人
 これらの人たちについても証人としての中立性が疑われるため,一律証人となることができません。

証人になれない人の区分は3つしかありませんが,これ以外の人を用意するとなるとなかなかどうして難しいものです。
大阪相続相談所で遺言書を作成される場合については,所員が証人として立ち会うことも可能ですので,ご要望があればいろいろ注文ください。最高の遺言書作成のために,出来る限りサポートいたします。 森山

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ