相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

遺言は15歳から可能です。

2011.08.24

こんばんは、司法書士の軍司です。

今日は、少し暑かったですね。涼しくなってきたとはいえ、暑がりの私にとっては、厳しい日が続いております。

本日は、簡単な遺言知識をご紹介します。

未成年者は、法定代理人(親)の同意を得なければ、契約は取消の対象になります(民法5条)
これは、判断能力が成熟していない未成年者を保護するための規定です。

ただし、遺言については15歳に達した者であれば作成することができます(民法962条による民法5条の適用除外)。
これは、遺言ができるだけ本人の意思を尊重させようという趣旨と遺言は結局、遺言者の死亡によって効力が生じます(民法985条)ので、未成年者を保護するための規定を死後に適用させる必要もないですし、書き直すことも可能ですからあえて、成年者である必要もないので15歳で遺言能力を認めた趣旨だと解されています。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ