相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

【遺言の利用】ケース1 内縁関係とは?

2011.08.23

こんにちは、司法書士の中川です。
ここ2、3日は少し日差しが優しくなったような気がしますね。

本日は遺言の利用をテーマに内縁関係について考えていきたいと思います。
婚姻意思を持って共同生活を営み、社会的には夫婦と認められているにもかかわらず婚姻届を出していないために法律的には正式の夫婦と認められない男女の関係」をいいます。
 現在では内縁関係は婚姻に準ずる関係つまり「準婚関係」であるというように考えられています。(最高裁昭和33年4月11日判決)

例えば内縁の妻と長年暮らしてるので、2人で住んでいる自宅は内縁の妻へ相続させたいと考えていても、法律上相続権がないことから、そのままでは子や配偶者などに法定相続されます。しかし、遺言を上手に使えば死後にも自身の「想い」を遺すことができるんです。
当事務所では相談者様の様々な「想い」に添ったオーダーメイドの遺言書作成に取り組んでおりますので、ぜひ一度、ご相談くださいませ。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ