相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

江戸時代の遺言

2011.08.01

江戸時代では、遺言状のことを書置や譲状と言われていました。

武士の財産は封土ですが、これは江戸の殿様からもらうものなので、家財道具など以外では遺言による相続の余地はほとんどありませんでした。

一方、農民や町人はそうでなく、遺言による相続が一般的であったと言われています。当時は士農工商という厳しい身分制度があり、そう簡単に転職することができません。
そのため、相続で紛争がおこれば、それこそ家の存続に関わる問題に発展するため、生前からその対策をしっかり取っていたようです。

家の存続が大事かどうかは別問題として、相続問題を起こさない、末永い家族円満をお望みの場合には、遺言を残すと言うことも考えられるべきだと思います。 森山

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ