相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

動物の相続

2011.07.01

海外でたまに、ペットに遺産を残したというニュースが聞かれます。
しかし、日本においては、動物が財産を所有することはできません。
これは権利・義務の主体となり得る「権利能力」が、日本の法律上、動物には認められていないからです。
生前に、ペットの贈与(遺贈・死因贈与)と死後の事務委任契約を組み合わせや、
遺言で、ペットを責任をもって飼うことを条件とした負担付遺贈を行うことによって、
似たような効果を得ることも不可能ではありません。
しかし、後々争いになりかねないので、事前にしっかり説明しておいた方がいいでしょう。
なお、動物は日本の法律上、物として扱われます。動物好きには納得のいかない話です。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ