相続と遺言書なら大阪相続相談所

大阪相続相談所

無料相談フリーダイヤル0120151305

嫡出子と非嫡出子の相続格差 不完全決着

2011.03.22

現在の民法上、婚姻関係から生まれた子(嫡出子)とそうでない子(非嫡出子)とでは、相続分に格差が生じています。具体的には非嫡出の子は嫡出の子の2分の1が相続分となります。しかし、自分ではどうしようもない事情によって大きな格差が生じてしまうことは、憲法14条(法の下の平等)に反するのではないかと、古くから問題視されてきました。過去に最高裁判所は、「民法が法律婚主義を採用しているのだから、事実婚の子より法律婚の子の法定相続分が多いことには合理的理由があり、憲法違反ではない」という判断をしました。
去年、同様の問題が、最高裁まで上がってきました。大法廷(過去の判断を見直す際の構成)に回付されたので「新たな憲法判断がなされるのでは?」と注目されていました・・・が、結局和解で終わってしまいました。
この問題が最高裁まで上がってくるケースはまれなので、国会の立法による対策の方が早いかも知れません。

 当サイトで、よくご覧いただいているページ
お問い合わせtel0120151305
  不動産の名義変更   預貯金の名義変更   相続放棄   遺言   遺産分割協議   贈与   相続税   成年後見   家族信託   ご相談解決事例   相続の失敗事例  事務所ご案内  交通のご案内  料金のご案内  スタッフ紹介  業務範囲  協力先事務所  所長の想い  お客様の声  Q&A  新着情報  スタッフブログ  用語集  採用情報  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  お問合せ